遂に歴代40代目まで来た♪♪♪ ボクシング界には珍しい二枚目☆☆☆

☆☆☆ この男も良い男だー人間としても つけ麺としても ???
失礼ーイケメンとしてもかなりの定評。。。

今から15年前くらいの話だ。 バラエティー番組から出た、日本初 いや 世界初だと思う・・・世界1が出た。。。

★日本テレビが放送していた『天才たけしの・元気の出るテレビ』にボクシング予備校と言うコーナーがあり 最初に私・渡嘉敷会長が鬼コーチとして出演していた。  その たわけた奴ら(最初はそう思っていた)の中にいたのが彼・飯田覚氏。

 当時はバラエティー番組に出てくるようなミハーな連中の中に世界を取れる人間なんていやしないと私は、思っていた。。。

 しかし 絵に描いたように彼は、世界の頂上に掛け登っていったのだ。。。  もう一人出演していた選手と全日本新人王決勝で戦った・・・凄いよなー2人が、西の新人王と東の新人王になり全日本新人王の決勝で戦う・・・信じられない話だ・・・その上 この2人は日本タイトルマッチでも戦い、飯田氏が勝ち日本チャンピオンに成り・世界へ進む。  そして 世界1に。。。

◎◎◎飯田氏いわく『テレビなんか出てさー、アイドルボクサーなんて呼ばれちゃって、世界チャンピオンなんかなれっこないよ』なんて歩いていても・ロードワーク中にもよく言われたそうだ・・・だからこそ負けたくなかったと・・・そんな ハングリーの形もあったんだねー。。。

 ☆とにかく 世界チャンピオンが約50人(14階級中)近く居る日本ボクシング界史上では珍しい存在であろう イケメンなのだ。。。

だいたいは強そうな顔してるもの。。。

 ☆☆日本人の初代イケメン世界チャンピオンは、言わずと知れたシンデレラボーイ西城正三氏(フェザー級・協栄ジム)5度防衛・・・過去の世界戦史上で女性を1番沢山、動員したボクサーだ。。。   

 2番目は、ボクシング界のジェームス・ディーンとまで呼ばれた本当に男っぷりと根性と格好良さは、人の心と脳裏に焼き付いた方だった・・・その名は大場政氏(フライ級・帝拳ジム)4度防衛、試合のたんびに先に1,2回ダウンする、そして最後結末は、KOして勝つのだー痺れるくらいカッコイイ選手だった。。。            

 3番目のイケメンチャンピオンは、鬼塚勝也氏(スーパーフライ級・協栄ジム)5度防衛。 本当にファッショナブルな個性があり、自分の生き方をハッキリ持った選手だった。。。

 4番目に現れたのが飯田覚氏だ。 端正なマスクと正確なボクシングスタイルを通じて、彼の本当に誠実な人間像がうかがえる。。。

 5番目は、佐藤修氏(スーパーバンタム級・協栄ジム)・・・協栄ジムは凄い・・・2代目も大した者だが、初代の故・金平正紀会長は、懐の大きな人だった。  現役時代は厳しくて、選手達には嫌われていたが 選手達が引退してからは、面倒見の良い人で トレーナーやスタッフとして使ってくれたりの心優しい人だった。  初代協栄ジム会長の教え子はには、インパクトある有名チャンピオンが多い。。。

★★★ ハードパンチャーカミソリパンチの海老原博幸氏がいて、シンデレラボーイと言われた初代イケメン西城正三氏がいて、カンムリワシと言われ13度の世界新記録の金字塔を築き上げた具志堅用高氏がいる。 そして沖縄のボクシング王国時代を最初に築いたスーパーフェザー級世界チャンピオン上原康恒氏がいて、次に世界ライト。フライ級チャンピオンに成ったトカちゃんがいる(なんでワシだけニックネームなんじゃー♪♪♪) なんや嬉しいんか???  ちゃんと書きなさい  渡嘉敷鰹氏・・・わしゃ 魚か? 渡嘉敷勝男氏がいて。。。ヨッシャー。。。    そして イケメンスパンキー鬼塚勝也氏がいて、次にロシアが生んだ精密機械・ユーりーアルバチャコフ9度防衛がいる。  そしてライト級の激戦区で6度も防衛しているオルザベック・ナザロフ氏もいた、そして やっと出てきた、イケメンチャンピオン 佐藤修氏がいた・・・彼はボクシング世界チャンピオンには珍しい、バラエティータレントではなく、二枚目俳優を目指していると言う・・・その方が良え。 彼は本当に女性にもてるぞーって感じだ・・・俺も1週間で良いから佐藤修に成りたい。。。へへへ。。。

 そして 協栄ジム10番目の世界チャンピオンが今騒がれている 亀田興毅氏だ。。。   現在では視聴率52%と言う驚異的な数字を出している・・・他のボクサーは大人しすぎるぞー亀田兄弟と言い合えるくらいのボクサーが出てくれば、そのボクサーもアピールされるはずだーチャンスじゃないかー早く牙をむけー、テレビの中だけだから喧嘩しろや・・・その方が盛り上がるじゃろ。。。 

 とにかく協栄ジムは、 凄い。。。  初代の創り上げた財産と運を2代目が上手くいかしている・・・なかなかの門じゃーノー。。。

 飯田覚氏の紹介の続きじゃわ・・・☆☆☆彼もアマチュアのボクシングジムを経営している。。。   


★★★彼は真面目で誠実なイケメンチャンピオンで優しい強者だ。。。
スポンサーサイト

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

☆☆☆ 全く違う話だが・・・お聞き ☆☆☆

●●● 美味しいスピルバーグのお店 ?失礼ーハンバーグでした@
     良い店見つけたーと思ったねー・・・実は国際ジャーナルと言う企業雑誌の取材で言ったのだが・・・そこびる 美味しかったのだ。。。
◎◎◎先日、新宿コマ劇場の近く(コマ劇場を背にして左に100M)のお店『ビエント』☆★☆
 ◎面白いのは地下2階にあるのだが地下1階なのだ(地下2階から地下1階までが吹き抜けに成っているから空間が広くて気持ち良い)。

 ◎そして 味の方はいくつも食べれると言うくらい旨い。
   牛肉の旨みと肉汁がたまらなく美味しい+旨い。

 ◎あれから既に2回行ったが、一緒に行った仲間の評判が(これ すこぶる旨めーだった)

 何種類もあって飽きないし店内の空間が最高に気持ち良い・・・オススメはメゾネットになってる2階が良い。。。

 ◎何てたって良いのはハンバーグ屋さんでお酒が飲めるのも良い・・・ハンバーグを酒のつまみにしても美味しく飲めるのだが、他にも牛肉のたたき・ホタテのカルパッチョ・サラダも美味しい・も楽しめて良い・・・今度は竹原慎二氏・畑山隆則氏と行こうと思う・・・これを見て来た人と偶然会ったら おごっちゃおかなー。。。

☆★☆ でも 本当に旨い☆☆☆

 今までは私が世界チャンピオンに成る前まで働いていた、『肉の万世』が一番だと思っていた・・・甲乙付けがたいくらい旨い。。。

☆もはや 2店舗目を新宿西口に3月か4月に100坪くらいの大きなお店を出すみたいだと聞いた。  スゲー☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

☆☆☆ 今回は歴代39代目だーテクニシャン山口圭司氏

 この男も面白い。。。

彼は、当時かなり強い(絶対無理)と言われた世界チャンピオンと戦い、ベルトを奪取しボクシングファンを驚かせた。

 学生時代(アマチュアで活躍)からテクニックには定評があった選手ではあるが、身体の線が細いのでプロの世界では無理かとも囁かれていたがしっかり世界1のベルトを腰に巻いたのだ。。。

 しかし ながく防衛していくに必要な打たれ強さに欠けた。

★ガラスのジョーまでは、言わないが・・・もし 打たれず強さか、打たせないボクシングが出来ていたら。。。かなり防衛できたのではないだろうか。。。

 彼が敗れたムリージョは、強かった。  だから何回挑戦しても勝つことは・・・無理ージョ。。。  最高ー☆★☆

 その後に山口のジムの先輩・井岡弘樹がムリージョに東洋初の3階級制覇を狙って挑戦したが残念ながらKO負けした。。。

 だから無理ージョは強かったんだねー。。。

★★★それと最後に山口のエピソードを1つ

 ハヤット・リージェンシーホテルの最上階にあるラウンジでお茶しよーと現役世界チャンピオン山口圭司、渡嘉敷会長、渡嘉敷会長夫人、の4/5人で行った・・・すると 山口だけが入り口で止められていた・・・誰かが、この方は世界チャンピオンです、よ失礼じゃないですかと言った、すると 入り口にいたラウンジのマネージャーが『私どものお店はスリッパでは入れませんので』と言った・・・俺達はエースリッパー??? 何と山口氏の足元を見たら確かにスリッパを吐いていた・・・ンーガックリ・・・しかし 現役世界チャンピオンは、堂々としていた・・・『これで何故 入れないんだ、おかしいじゃないか』と
・・・しかし 現実はあんたがやはりおかしい・・・世界チャンピオンは何しても自分が1番と思う生き物なのだ・・・俺もそうだった。。。

 ▼しかし あの時のスリッパは、今の若い人たちは沢山の人たちが愛用してるようだ・・・流行り物も時期が早すぎたり・遅すぎたりすると
 バカにされるとネージャンジャン。。。

テーマ : スポーツ選手
ジャンル : スポーツ

☆☆☆ ハイハイ 37代目は、フィリピン戦士だ ☆☆☆

このチャンピオンも強かったねー。

 上手い上に強いという印象が強い。 しかし 沖縄出身の元・世界スーパーライト級チャンピオン平仲明信氏の亡くなった弟が激戦の上敗れたはず・・・しかし もっともっと防衛すると思われたが・・・もしかして・・・名前がまずかったのでは???  ルイシト???  ジョー??? ダヨねー。。。 ジョーク小泉氏の小泉を付けたから???

 ☆★☆この内容は決してリングジャパンさんには、(*^_^*)内緒で宜しく。。。  内緒だジョーーーーーーーーーーーーーーーー恋済。。。

 ★☆★ くれぐれも内緒でね。。。 ◎m(_ _)m◎

というわけで 良い選手だったのハ間違いない。。。   

 しかし ホントのトコロ (@_@)あまり知らないのです。 
      悪しからず。。。




☆☆☆ そして歴代38代目世界チャンピオンは、日本人最大クラスの世界チャンピオン・・・我らが竹ちゃんマン??? あれは武ちゃんマンダ。。。  ガチンコのこの男ダー竹原慎二氏だ。。。

 彼は、凄い。 過去の日本人が誰も成しえなかったこのクラスを左ボディブロー1発でダウンさせたのだ。  本当に凄い一撃だった。。。

 ミドル級は何と言っても世界で人口の一番多いクラスだからネ。。。

 ☆なかなか面白い所もある男では、ある。。。

 私と竹原慎二・畑山隆則は、時々お酒を飲むことがあるが・・・なかなかの好青年である・・・楽しい男達である・・・女性にもてすぎる・・・羨ましい・・・しかし 竹原の方は歓楽街を歩くときの顔は、超ー怖い顔している、何でそんなに怖い顔して歩いてんだよ?と聞くと・・・竹原は、いやー怖い顔してないとみんながカランデ来るんで寄せ付けないように、ガチンコの顔して歩いてるんですよーだって・・・スターは、大変じゃのージャンジャン。。。

 いやいやそれだけの話では終われまへんがなー。。。

☆竹原慎二氏の戦績を見ても分かるように、24勝18KO1敗。。。
 ★すげーハードパンチャー。  あの大きさで殴り合ってるから普段の彼は変なのだ・・・なんでや。。。

 ☆彼のパンチは、お相撲さん達でもダウンするくらいの破壊力を持っている。。。

 ☆東洋ミドル級タイトルマッチ(竹原がチャンピオン)で韓国の選手とダブルノックダウンしたのだ・・・これは 本当に珍しい光景だった。  竹原氏の試合は、倒すか倒されるかの粗大ゴミが?・・失礼・・・醍醐味があったネー。  引退後の竹原氏も畑山氏もなかなかの事業家である。。。

 ◎しかし 身体を鍛え直してアクションでもやれば、最高にカッコイイーと思うのだが・・・そしたら私も子役で使ってもらえるのにーって
 そんなあほな。  わしゃ 大人じゃ。。。   でも ボクサーの3羽烏で大・中・小で面白いのでは・・・既にパチンコ台では輪島会長・具志堅会長・渡嘉敷会長の3羽烏台は、出ているのだー。。。

 特に 私渡嘉敷勝男の台が一番 当たりが多いらしい・・・先日 渡嘉敷さんの台で大当たりしたと言われました・・・ちなみに私の弟(元・プロボクサー)も兄貴の台で大当たりしたよと電話があった・・・毎日のように 私の台で大当たりしたと言う報告を受けている。。。  ◎因みに当ジムのプロ選手、白井一彰が報告してきた・・・会長の台で今日 大当たりしましただって、私は素直にバカもん・・・勝負の世界にいる人間が他で勝ち運を使ってはいけないだろうと一喝してやった。  2万円くらい勝ったらしい・・・その変わり次の試合は2RKO勝ちしろよってね。。。

話は竹原に戻るが、しかし 彼以来、世界ミドル級チャンピオンに輝いたのは、まだ出ていないのだ・・・おそらく 7,8年は出ていないだろう。。?

 ★★★次に世界ミドル級のチャンピオンになるのは、誰だ???


テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

☆☆☆ 渡嘉敷勝男の経験した・・・ちょっと 良い話 ☆☆☆

★☆★今から 15年ほど前の話だが、フジテレビの超人気番組だった『なるほど・ザ・ワールド』(世界の話をネタにしたクイズ番組)。 このロケでロサンゼルス警察のパトロールカー特別技術訓練所みたいな所で撮影した。  この時の扱いは非常ーに良かった♪♪♪

 アメリカでのボクシング世界チャンピオンの扱いは、半端じゃなく良かった。。。  特別な訓練所は、誰が来てもとても厳しいのだが、私がしゃべったり、思い切った激しい運転をしてもトレーナー達は優しかった。。。  あーボクシングの世界チャンピオンになれて良かったとつくづく思った瞬間だった☆☆☆



★☆★ 2つ目のアメリカ特別待遇体験は、アメリカで頑張っている日本人のゴルフメーカーの社長の家と暮らしをテレビ取材した時の話でる。。。

 あのハリウッドスターが沢山住んでるビバリーヒルズにその社長が住んでるはずだと思い、訪ねていく設定と台本には書かれていた。

 しかし スタッフが撮影している途中にビバリーヒルズの管理人さんが来て、凄いけんまくでディレクターに英語で『許可書を取ってないのなら帰れ』と怒鳴られていた。  ディレクターは『わざわざ日本から凄い俳優さんを連れてきてるので簡単には帰れません』と嘘をついていた。  管理人さんは『凄い俳優さんだと、ここはビバリーヒルズだ映画スターがわんさか居るんだぞ、帰れ』とまた怒鳴っていた。  私はその時20分くらいロケ車内で待たされていた、するとディレクターが戻ってきたので、どうしたのかなと聞いてみると、許可を取ってこなかったので追い帰されましたと言った。  そこへ敷地内から管理人さんが『早く帰れ』と言って出てきて私を見るなり
『この人は誰だ?』とディレクターに聞いていた。
 さすがに俳優さんで駄目だったので破れかぶれでこう言った『この方は、凄い俳優さんだが元・ボクシングのワールドチャンピオンだったんですよ』と言った。  その瞬間管理人さんは『オーワールドチャンピオン』と言って大喜びして『OKOKーだそんな凄い人が来てるなら早く言いなさい、大歓迎だよ』と言ってビバリーヒルズへ招いてくれたのだ。。。  アメリカでのボクシング人気凄かった☆☆☆



★☆★3つ目の話はもっともっと強烈な危機一髪話。。。
 それは12年くらい前に上岡龍太郎氏の企画するマラソン番組があり(フルマラソン42,195キロ)があり、ハワイのマウイ島へ1週間行った。  マラソンを完走しその夜は、一緒に行った人と2人で2,3件のホテルの中のバーや日本人クラブ等で飲みまくったのだ。    そしてホテル内の店が閉店したので、マウイの町はずれまでタクシーを飛ばして行った。  すると1件だけ派手なネオンを発した西部劇風の大きなバーがあった。  ここにしようと店前に行くと派手な大きなオートバイが20台くらいが止まっていた。  バイク屋さん?かいなと言いながら中へ入ると、空席が沢山あった。  あれっと思った瞬間左奥でダーツをしている20人くらいの革ジャンを着た人相の悪い連中が居た(海外の暴走族は中年で30才以上60才くらいまでのワルが多いという)。   あのオートバイの持ち主だなと直ぐ分かった。   しかし この店しか開いてなかったのでしょうがないから入った(既に深夜2時)。  私たち2人はカクテルを頼んだ。  するとダーツをやっていた連中が私たち2人を見て睨んでいるのだ。  それも段々こちらへ向かってきている・・・私達も少し酔っていたので気はかなり大きくなっていた《来るならこいや、やってやるよと》 といった感じだった。

 そうこうしてるうちに彼等は刃渡り25㎝くらいの登山ナイフを腰から抜いて近づいてきた、遂に5メートルくらいの所までやってきた。

 もう逃げられない、ヤルしかないと私たち2人は(もう1人も喧嘩の達人)立ち上がった。  一発触発の瞬間。。。   『チャンピオン』と大きな声がした・・・新たに店に入ってきた日系人が1人が叫んだのだ・・・すると中年暴走族がその彼を見て『チャンピオン?』と聞いている・・・彼は『そうだよ彼はボクシングのワールドチャンピオンなんだよ』と彼らに説明していた。   族のボス風の男が私に近づき『ワールドチャンピオン』と声を掛けて握手を求めてきた。  握手を交わした瞬間 彼らは大はしゃぎ。  ナイフをしまい全員が握手を求めてきた・・・こんな不思議なことがあるのかと思った。 
     
◎◎◎説明しておこう・・・チャンピオンと叫んでくれたのは、マラソンの前日にステーキ屋を訪れたときに私たちの隣のお客さんのステーキを焼いてたコックさんだった。  2つ隣のお客さんが日本人の方で私のことを日系人の彼に『隣の隣のお客さんはボクシングのワールドチャンピオンだよ、凄い人なんだ』と言って説明してくれた人が居たのだと、後で教えてくれたのだ。。。

☆☆☆ アメリカでのボクシング世界チャンピオンの扱い方は半端じゃなかった。。。  アメリカに住もうかなー♪♪♪

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Author:渡嘉敷ボクシングジム
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QR
おすすめ
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内検索
RSSフィード
リンク