☆☆☆ やっと歴代36代目 アンタッチャブルボクサー ☆☆☆

☆★☆ それは言わずと知れたこの男・・・川島敦志氏 ★☆★

 ★ボクサーにも色々なタイプがいて、打たれても打たれても突進して行き肉を切らせて骨を切ると言うようなブルファイター。

 ★一番理想なボクサーは、打たせないで打つ。 いかに相手のパンチを避けながらダメージを受けないで勝つ完全なるテクニシャンタイプ。

☆川島氏はそんな完璧主義者だった。。。  長続きするには一番のタイプ。  その結果が6度の防衛に繋がっている☆☆☆

 学生時代には、鬼塚氏や当時名で言うピューマ渡久地氏と三羽ガラスと呼ばれたくらいの強さを誇っていた、がプロの新人戦ではアマチュア時代に勝っているピューマ渡久地にKO負けしている、その後も負けている・・・しかし もう終わった選手と思われていた彼は、ここからが違った・・・負けた悔しさから彼は打たせないで打つ方法を考え中南米のボクサー達に良く見られる避け方を覚え、勝ち進んでくる・・・そして世界の頂点まで這い上がってくるのだ・・・凄い・不屈の精神を持った男だ。。。  現在はボクシングジムの会長として更新の育成にあたっている。  なかなかの紳士で優しい。 マスクも良い。 年上の人から可愛がられる男である・・・しかし10年くらい前に彼の歌を宴会の席で聞いたことがあるが、実に下手だった。  私はその場で倒れた、テンカウントでも立ち上がれなかった(聞くに耐えられなくて)。。。

 まーあの下手な歌を延々3番まで歌った彼のある意味の凄さを感じた。  流石 6度防衛するくらいの心臓を持ってるはと・・・へへへ。。。  いやいや ボクサーの教本になるボクサーでもある。

 歌さえ上手ければ完璧な人物だ・・・しかし本人は歌が上手いと思っているはずだ・・・素晴らしい☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

★★★皆さん ゴメンねーなかなか書き込めなくて★★★

 来月から頑張りますねー。。。

先日 世界11位戎岡選手に勝った山口真吾が豪語した。。。

 ☆直ぐにでもWBA世界ライト・フライ級チャンピオン亀田興毅と戦いたいと・・・しかし 渡嘉敷会長は一言 興毅は世界チャンピオンになった、まして日本人とは戦わない志向。 だからお前は、WBC世界ライト・フライ級チャンピオンに成って世界統一戦をやればいと・・・
 世界チャンピオン同士でやらないのなら逃げたことになる、だから絶対にやるはずだと。 しかし 興毅は1階級上のフライ級に戻すらしい。 2階級制覇か? 幼い頃から叩き込まれた実力は、凄いものがあるはず。  現在 世界で活躍しているスーパースターは、殆どが幼少期から教えられているのである・・・すなはち 幼い頃の方が身体に染み込みやすいのだ。  結果として上げると、ゴルフのタイガーウッズ・テニスのシャラポア・卓球の愛ちゃん・格闘技の山本キッド・等など。  日本のプロボクサーで言うと・・・シンデレラボーイト言われた世界フェザー級王者西城正三氏・世界スーパーバンタム級王者畑中清司・世界バンタム級王者辰吉丈一郎・等が居る・・・やはり世間からバカにされても幼い頃から苦労し、努力して来たことは浮かばれるのダナー。。。  とにかく山口真吾は、ライト・フライ級の世界タイトルを取ったらフライ級に上がり亀田興毅を倒すと豪語している・・・私は小さい頃から苦労してきた亀田3兄弟を影ながら応援は、している、しかし 行き過ぎる言動にはガッカリすることもある。  記者会見での年上記者に偉そうな口をたまに聞く・・・あれは実に醜い・・・オヤジ こら口の効き方ぐらいは教えとかんかい・・・確かに恥ずかしい、小学生以下。  俺は試合前のパホーマンスは楽しんではいる。 それ以外での言動はバカにしている・・・世界1が情けないと。  これからは世界1と認められなければ成らない・・・ただの不良では恥ずかしいし価値は無い。  いつまでもバカチャンピオンと呼ばれてる様ではいかん。  尊敬されて初めて世界1の価値である。  それだけの素質を持っているのにオヤジの演出は間違っている、これから直していくだろうが早くした方が良い。  世間はヒールに飽きてきている。  まーイメージの話はここまでとしましょう・・・話は戻るが山口が世界ライト・フライ級チャンピオンに成らなければ興毅との試合は、観られないのだ・・・普段は亀田3兄弟を応援しているが、当ジム選手との対戦になれば話は別だ・・・山口真吾を勝たせるためにしっかりとサポートしていく。  このまま行けば3階級も夢ではない興毅・そして兄弟3人共が世界チャンピオンに成るも夢ではない・・・彼らはここまで奇跡を起こしてきているのだから・・・山口真吾よ興毅を倒すにはまだまだ努力がたりんぞ、死ぬかと思うぐらい努力しろよ・・・努力した時には必ず奇跡は起こるハズ。。。  皆さんも 努力すれば奇跡は起こる・・・亀田一家に奇跡を見た・・・これから最高15年ぐらいまでのボクシング界が面白くなるハズ。  ★ある意味 亀田一家が日本のボクシング界に渇を入れてくれたこともあるだろう 幼い子供達に目を向けて来なかったことと、練習は厳しくても愛情があればついてくると言うことを教えてくれた・・・そこだけには感謝する、ありがとう。。。

 まー長々と書きましたが皆さん 当ジムの山口真吾の行く末をお見逃し無く・・・いつか亀田3兄弟と激闘する機会が来るはず、楽しみに待ってて下さいな☆★☆★☆★☆ まずは、年内にライト・フライ級の世界取りを狙います。。。

☆☆☆ 1月13日の試合で世界ランキングに返り咲く ☆☆☆

☆★☆ ハイハイ 暫くチャンよねー ☆★☆

 ☆先日の『日本・フィリピン親善50周年YEAR・激突・賞金マッチ』かなりの興奮と迫力そして感動を与えてくれました。。。

 ☆やはり賞金が掛かると、戦う方も力が入るし・観る方もスリリングで目が離せない状態で実に面白い企画とボクシングファンからお褒めのお言葉を頂きました。。。 私としてもやり甲斐がありますねー。。。

 ☆昨年の11月の『賞金マッチモンスター第2弾』に引き続き好評でいた。  1番面白いのはKO決着ー今回は2つでしたが、ダウンは3つ。  賞金マッチは、判定でも激闘が観られるということで大好評。。。 まで 賞金マッチは3回目〈モンスターは2回〉だが、強くてハードパンチャーがはっきり分かってきた・・・まずは、八王子中屋ジムの米軍兵 チャールズ・べラミ選手(2回出場中2勝2KO)★★★
 ☆そして日本人 茨城県の生んだ爆弾パンチチャー昨年の全日本ミドル級新人王 8勝6KO1分無敗ー古川明裕選手(2回出場中2戦中2KOー1試合は引き分けだが、インドネシア王者は立ち上がれず、倒したことには変わりない)★★★ 彼ら2人は100%KO男。。。 いずれ 『モンスター』から古川選手とべラミ選手を本物のモンスターにし世界チャンピオンにも成ってくれると期待しておりまする~☆★☆

 ☆そして渡嘉敷ジムの最ホープ 元・東洋太平洋チャンピオン山口真吾の試合がまた 格好良かった☆☆☆
 2人のジャッジがフルマークを付けていた。。。

 ☆この状態で行けば世界チャンピオンは、確実に近いくらいで成れると私はそう思いましたねー。。。 しかし後はバタバタと倒していける人気選手に・・・世界的なKOチャンピオンに・・・しかし まずは世界1にすることでしょう・・・

 ☆★☆次回の『モンスター』は5月か6月にプエルトリコからモンスターを招いて、日本のハードパンチャーや無敗選手等との3選手・対抗戦を計画中。  これはまだ観ぬ国のモンスターだろう。。。

 約25年前に3階級制覇した王者ーウィフレッド・ゴメス・2階級制覇王者ーマッチョ・カマチョ・3階級制覇王者ートリプス・トリニダード等のスーパーチャンピオン達を誕生させている偉大なボクシング王国なのだ★☆★☆★ まー本物中の本物はまだよぶ余裕はありませんが、いずれ怪物になる選手を見つけて日本のリングで日本人の根性ある選手達と戦わせたいと思っております。。。

 では これからも日本テレビ系列・ダイナミックグローブの『賞金マッチ・モンスター』をお見逃しなく☆☆☆


★追伸 今回 引き分け(ダウンしなければ2ポイント勝ち)となった当ジムバンタム級ハードパンチャー安達リョウは、次回の『モンスター』で無敗の日本ランカーと対戦予定です。。。

☆★☆ では皆様ー。 歌はドナサマー。 バラエティーは明石家さんまー。 貴方はどちら様ー。 サマーに成らないので ここらでお疲れ様ーってな訳で。。。★★★・・・◎◎◎

☆2007年☆平成19年☆1月7日☆ 今日からスタート☆☆☆

飛ばしちゃったよ歴代35代目 元・暴走族のリーダー薬師寺保栄氏☆

 さてこの紹介のしかたはあまり嬉しくないかな???

しかし 青少年や現在不良な学生等には、かなり刺激があると思うなー。。。  こんな 悪だった人間がボクシングをやることで更正されていく。

 実際 中等少年院から出てきてボクシングにのめり込み、一生懸命に頑張って日本チャンピオンにまで成った大和武がいる。。。 

ンー完璧ではないが少年院にいる頃と比べれば70%良くなった。。。

☆彼は映画の主役を10本以上やっている。 和泉監督に言わせると『悪の役をやらせるとキレのある男の色気を持った演技が出来る』なのだ。
 近々 主役の映画を撮るみたいな話を噂だが、聞いている。。。

☆プロボクサー出身の映画主演俳優は(最近のことしか知らないが)、★ミサコジムのトレーナをしているスーパーバンタム級福田健吾氏が主演した『ウェルター』。 ★日本ミドル級チャンピオンまでいった大和武氏主演の『鉄拳』等など数十本。 ★世界スーパーライト級7位までいった赤井英和氏主演『どついたるねん』等など10本近く。 ★勿論 世界チャンピオンも居る・・・★元・世界ライト級チャンピオンのガッツ石松氏主演映画『カムバック』等2本。 ★元・世界バンタム級チャンピオン辰吉丈一郎氏主演『ジョー』。 ★元・世界スーパーフェザー級・ライト級の2階級制覇チャンピオン畑山隆則氏の『ROUND1』。 その後は知りまへん。。。

☆☆☆とにかく ☆プロボクシングの世界チャンピオンに成ると主演映画もつくれるのだ・・・凄い。。。

 またー薬師寺氏の紹介を忘れてた・・・そうそう ボクシングで真面目に成っていったのだ・・・彼も更正率70%・・・遊びすぎ。。。

しかし 辰吉氏との激闘は、歴史に残る戦いだった。。。

 ★視聴率55%近くいったのではないか???  とにかく壮絶な殴り合いだった。。。 やはり ハードパンチャー同士の試合は面白い。

そうだー薬師寺保栄氏も防衛回数4回だったはず。。。失礼。。。

 ★勉強はあまり自信ないけども、腕には自信のある者は、格闘技の世界に入って自分を試してみるのも良いと思う。。。

 ☆薬師寺氏はなかなかの実業家ではある・・・ビデオショップ数件・自動車ショップ・飲食店・年内にボクシングジムもオープンするという。。。 儲かってまっせー、その上 金額上でいくと日本プロボクサーのファイトマネー最高の1億8000万円(辰吉戦の1試合分・辰吉も同額)を手にしている。   ◎お金持ちーひゅーひゅー。。。

 ☆アドバイス・・・喧嘩とプロボクシングではレベルが違いすぎる(勿論ボクシングが10倍以上上) ☆だが 喧嘩が強くてボクシングを始めて世界チャンピオンに成ったケースは多い・・・古くは故・海老原氏小林弘氏、ガッツ石松氏、三原氏、浜田氏、辰吉氏、薬師寺氏、竹原氏、畑山氏、戸高氏。(私は中堅ハチ公? 失礼ー中堅以上だっただけ。)  だから☆名声と地位・財を獲るためには、ボクシングの道はかなり面白いし価値がある・・・喧嘩の強い奴が居たら渡嘉敷ジムを紹介して下さいね。。。 

では ☆不良から世界一への話はこの辺で終わります。。。またね☆
 

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

渡嘉敷ボクシングジム

Author:渡嘉敷ボクシングジム
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QR
おすすめ
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内検索
RSSフィード
リンク