☆☆☆ ズバリ ☆☆☆

第3回☆☆☆ ズバリ ☆☆☆

今回は、数あるスポーツの中で世界1、高額なファイトマネーを手にすることが出来る、ボクシング。 KO勝ち意外の魅力 ファイトマネーに迫りましょう。。。

☆まずは日本のファイトマネーからいきましょう。。。
 過去最高の金額を手にした日本人ボクサーは、★1・辰吉丈一郎ー1億8、000万円、1・薬師寺保栄ー1億8,000万円。 ★2・具志堅用高ー1億円、2・畑山隆則ー1億円、2・亀田興毅ー1億円。 
 しかし実際の貨幣価値からいくと1番は、およそ60年前の初代世界チャンピオン故・白井義男先生は、1試合1,000万円ー今で言うと15億円。 2番は、ファイティング原田氏は、40年以上前の6,000万円ー今で言うとおよそ6億円。 3番は、世界チャンピオンのまま亡くなったボクシング界のジェームスディーン、故・大場政夫さんが今で言う1試合3億円を手にしたと聞いています。。。
 凄いでしょー☆☆☆ これからもっーと凄い海外世界チャンピオンのファイトマネーに迫ります。。。

☆世界最高は、世界ヘビー級チャンピオン・マイクタイソンの1試合40億円・更にラスベガスのホテルで試合会場の契約料は、50億円(全世界に写る広告料)1試合すれば一挙に90億円手にするのです。
2・スーパースター5階級制覇したシュガーレイレナードおよそ30億円。 3・モハメッド・アリおよそ18億円・・・今で言うおよそ25億円と聞いています。 

20年くらい前は、スポーツの所得番付世界ランキングの1から8までは、全員プロボクサーだったのです。。。

 だから国によっては、月1万円の収入で家族3人が食べていけるとゆう国の選手達にとっては最高の仕事なんです。 だからアジアや中南米の選手は、家族のためにボクシングという過酷なスポーツを選ぶのです。 家族のために命を懸けて戦い続けているのです。
 フィリピンでは1試合2億円のファイトマネーを手にしているパッキアオが居ます。 現在は、ラスベガスを本拠地にし名勝負を繰り広げています。 近い将来 日本からも、そんなスーパースターが生まれることを楽しみに致しましょう。。。
 ☆★☆OK牧場?☆★☆
 
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

☆☆☆ ズバリ ☆☆☆

こんにちは、第2回目の☆☆☆ ズバリ ☆☆☆です。

☆今回は、先月末に東京ドームホテルで行われたWBA総会の模様に簡単に触れております。
 ☆スポーツ新聞等で見た人も多いと思いますが、亀田興毅チャンピオンが先輩チャンピオン達に挨拶して回ったとゆう記事の話です。
 世界各国から有名選手や、有名なプロモータ等などが集まり盛大に行われた。 しかし最初は、日本の世界チャンピオン達は少し違ったムードに包まれていた。 それは日本ボクシング界史上始まって以来、危ない状況だったのだ。 その時会場には、二代目世界チャンピオンのファイティング原田全日本ボクシング協会会長を始め、30数人の世界チャンピオン達が出席していた。 後輩チャンピオン達が一人一人挨拶に回っていた。 その中でも1,2番目に新米チャンピオンの亀田君だけが挨拶に回っていなかっつた。 先輩チャンピオンの中には、あいつ 挨拶に来なかったらぶん殴ってやる、亀田を殴って親父が出てきたら親父も殴ってやると。 いささかまずいムード。 元々世界チャンピオンになる前は、不良な人間だった人が多い。 先輩Y氏は私に『俺、今日亀田が挨拶に来なかったらボコボコにしますよ』と危ない発言。 私は、来なかったらの話にしといてと言った。 W氏は、もし親父が文句言ってきたらしめたると言った(最後の方で、すれ違った時に挨拶したので許したと後で私に言っていた)。 本当にやばい。 勿論 普通の方々には、優しいし、気を使う人たちである。 しかし同じ世界チャンピオンの土俵に上がった亀田長男には、やはり厳しかった。 そんな時 たまたま私の後ろに亀田君が居た、タイミング良いなーと思い、先輩達に挨拶行って来たらと勧めた。 彼は気持ちよくハイと言い挨拶回った。
  そこには全日本ボクシング協会長原田氏、東日本ボクシング協会長輪島氏、具志堅会長、渡辺二郎氏等の先輩約10人居た。 1つのテーブルで終わろうとしたが、先輩チャンピオンの薬師寺がとんできて他も挨拶して回った。 これで亀田君も緊張していた気持ちが解れたと思う。 先輩チャンピオン達も気が休まったであろう。 それにしてもあの時、亀田が挨拶に行かなかったらやばかったと思う。 挨拶一つで事件がおこりうることを知った・・・そう言う私も、芸能界の仕事をさせてもらって20年・・・挨拶のことでは2回厳しく指摘されたのだ・・・Wさん、Pさんに。 それはちゃんと私自身で解決したのだ・・・皆さんも しておかなければならない挨拶だけは、しっかりしておきましょう。。。後で知った話だが、 お父さんは数人の元・世界チャンピオンに挨拶に行ったらしい、それがまた 他先輩達から反感をかったらしい。 ★お父さん 自分で厳しい道のりにしてるよ、日本初の3階級を目指したいのなら、人に恨まれないことだね。 戦いは、四角いリングの上だけだ。。。

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

☆★☆ ズバリ ☆★☆

☆ボクシングファンの皆さん こんにちは☆
 私渡嘉敷勝男が感じたこと・言いたいこと・こうあれば最高と思うことを書いていきたいと思います☆
 ★第1回目は、ナンと言っても今騒がれている現・WBA世界ライトフライ級チャンピオン 亀田興毅選手の感想などを書きましょう☆☆☆
 ☆彼は幼い頃からの夢である、プロボクシングの世界チャンピオンになったのだ。 神様は、やはり居た。。。神様は、人間に努力という才能を与えたのだ、しかし 努力に値したものの大きさはあった。 興毅は、凄ーく努力してきたのだと思う。 その証拠に夢の世界チャンピオンに成れたし、何億というファイトマネー(10数戦で稼いだ)・CM料金を手にしてきた(ざっと3億円)。 1番凄いのは、テレビの視聴率で52%と言う化け物的記録をうち立てたのだ・・・52%はおそらく、100億円かけても取れない数字だ。 ドラマで20%以上は、大ヒットである。 それを考えると倍以上の数字・・・TBSが目の色を変えて応援するのも分かる。 テレビの世界は、全ては視聴率なのだ(仕方ない、判断する資料はこれしかないのだから)。 幼い頃からお父さんに怒られ・殴られ・蹴られながら厳しい指導の元で頑張ってきたのだ。 その努力に見合った数字とお金を神様は、くれたのだろう。 しかし神様は、今まで頑張ってきた分は全て与えたのだから、後は日頃の行いがものを言うよと、もう過去の努力の運は無い。 もう一度頑張るしかないのだ。 チャンピオンになった翌日からのパッシング、怪我・お父さんの暴動騒ぎ、週刊誌からのペンの暴力等など。 厳しい道のり。 後は本物のスターになるには、おやじさんの人間としての教育とヒールキャラの演出力だね。 人に恨まれてばかりいると息子達が生きずらい、お父さんはそこをよく考えて3兄弟を支えてほしい。 12月20日以降 防衛しようが、失敗しようが海外にボクシングの勉強にお父さんと一緒に行き、お父さんが良いなと感じた技術やトレーニング方法を学んでくればまだまだ伸びる・・・何と言っての20才、これからが面白い選手だ、勿論 3兄弟全員ね。 俺は、感じたままを言わせてもらうよ・・・ダメなことを駄目。 良いと感じたことは、誉める。

最初は、亀田一家寄りだったのにと言う意見もあるが、嫌いなわけじゃない、息子達の為に頑張って来た親父さん・努力してきてやっと日の目を浴びた息子達、私は、彼らの生きざまに感動し尊敬もしている。 しかし悪いことをしたら、それは常識として悪いと言わせてもらう。 では今回はここまでにしておきます。 次回は10月末にあったWBA東京総会での話をしましょう。。。

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

渡嘉敷ボクシングジム

Author:渡嘉敷ボクシングジム
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QR
おすすめ
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内検索
RSSフィード
リンク